ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

副業・起業を始める時に取り組むべきこと具体的な内容や必要なスキルなど

将来が不安だし副業始めようかな?」「自分のやりたい仕事をしたいから起業したい!」と思っていませんか?

終身雇用の崩壊が叫ばれて久しく、最近の人は「今の企業で勤め上げる」という方も少ないと思います。今回は副業・起業を始めよう!と考えた際に取り組むべきことをまとめます。

副業・起業を始める際に取り組むべきこと

自分の強み棚卸


ビジネスの基本は「価値を創出し、必要な人に届ける」ことです
これはどんな大企業でも個人事業主でも変わりません。美味しいドリンクを提供するという価値があるから飲料メーカーは存在し、美味しい料理・時間や手間がかからないという価値を持つから飲食店は存在します。身体の不調を改善するという価値提供により整体院があります。
副業・起業を考えた際にまず考えるべきは「どんな価値が提供できるのか」と言い点です。

自分史を作る

自分が行える価値提供を考えた際にまず行って見て欲しいのが「自分史」を作るという作業です。人間自分が経験し、勉強してきたこと以上のことは行うことができません。ましてゼロからビジネスを始める場合に重要となるのがまずは自分の強みを知る事です。
また自分の行動原理を振り返ることでこれから始めるビジネスで何を達成したいのか、何をしている時が幸せなのかを明確にすることができます。人生の中でも大きな割合を占めるのが仕事をしている時間のため、自己のモチベーションを保ち、自己実現できる内容で仕事をしていく必要があります。

この自分史を作る作業ですが、幼少期の頃から振り返って作っていきましょう。意外と幼少期の経験や親の言動は性格形成や価値観に大きく影響を与えています。自分の考え方の源泉を知ることで適切に対処することができます。また起業志望の人の人生史の深掘りを行うとその人の強みが意外なところにあったりします。片付けがものすごく得意だったり、人を楽しませるのが得意だったり。こう言った強みには必ずと言って良いほど原体験があるのでその原体験を突き止めることでより発信内容に深みが出ます。

また自分史を作っていく際に行動・結果だけでなく感情も棚卸するようにしましょう。部活を頑張って賞をとったという原体験があれば「なぜ部活に打ち込むことができたのか」「挫折しそうなタイミングをそのように乗り越えたか」考えると今後のモチベーションを保つ大きなヒントになります。

他者視点を知る

自分史の棚卸を終えた後は他者視点を知ることの重要です。ここでは「資格や仕事上で数字として結果が出たもの」「周囲からどんなことをよく聞かれるのか」「周りから何を求められるのか」を深掘りしていきます。
これは実際に家族や友人にヒアリングしてみるのも良いでしょう。自分史を作る過程で自分の強みの棚卸もできるかもしれませんが、自分が思っている強みと他人が考える強みが異なる場合も非常に多いです。他人からよく聞かれること=他人にとって価値のあることなので価値を提供するというビジネスの基本に直結します。
マーケティングの市場調査に近いですがここで他者視点を取りれずにビジネスを始めても独りよがりなものにしかならないため周囲の他者視点を大切にしましょう。

学んでおくべき分野

副業・企業前に勉強しておくべき分野をあげます。

マーケティング

ビジネスを行う上で重要となるのがマーケティングです。ただこのマーケティング、経営学部を卒業した人に聞いても「よくわからない」といわれることもある概念です。
マーケティングとは…

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。

と一般的には書かれています。飯場広いですね。そもそも英語を考えて見ても”マーケット+〜ing“なので市場に何らかの働きかけをすることとなるため概念的に幅広いものになります。
マーケティング戦略の基本としてSTPが挙げられます。STPとはセグメンテーション(Segmentation;市場細分化)、②ターゲティング(Targeting;絞り込み)、③ポジショニング(Positioning;位置付け)を表します。このマーケティング戦略の基本となる要素です。
本当に基本となるのはここの部分です。マーケティングは単に「アンケートをとる」「SNSで商品をうる」ことではありません。市場調査からしっかりと行い顧客の手元に商品・サービスが届くまでの戦略を立案します

マーケティングの基本を学ぶのにオススメの本として2冊上げると…

ドリルを売るには穴を売れ」(佐藤 義典)
平素で会話調で書かれているため読みやすく概念を掴みにくいマーケティングの基本を学ぶのに最適な本です。
→購入はこちらから

世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング」(永井 孝尚)
必読書50冊を1冊にまとめている本です。広く浅く全般的に知識が学べます。掲載書籍一覧が付いているため気になる分野・深く学びたい分野の本をピックアップして深掘りすると良いでしょう。
→購入はこちら

営業・交渉術

ビジネスを行う上で営業・交渉術は避けて通ることができません。良い商品ができても実際に売ることができなければお金は入ってこず、ビジネスが回らなくなります。
自分でビジネスを始めると多いのほか多くの人と関わっていくことになります。お客様はもちろんのこと、提携他社、税理士などの専門家、金融機関など、多くのコミュニケーションが必要になります。

営業・交渉術の実際のトーク術や営業の進め方に付いてはオススメの記事を貼り付けますので参照ください。
【参考記事】営業・販売ですぐに活かせる心理テクニック・行動経済学5選

【参考記事】新人営業マンが押さえておきたい結果を出すためのトーク術・話法

事前準備

貯金しておく

ビジネスの収益化まで時間がかかる場合がほとんどです。副業の場合は本業の収益がある状態でビジネスを始めることができるため生活に支障が出ることはないと思いますが、副業を始める上でもお金がかかってしまう場合があります。起業した場合はより顕著で売上が全く立たない月が続く事すら考えられます。事業の見通しを甘く見積もると計画通り収益が上げられなかった場合のリカバリーがきかなくなりますので、3ヶ月は無収入でも生活できるくらいの貯金をしておくと良いでしょう。もちろん貯金が多いに越したことはありません。

開業資金を集めるのが難しい」「ビジネス開始時にもう少し余裕があれば…」という方はクラウドファンディングの活用も検討しましょう。
【参考記事】注目の資金調達!クラウドファンディングのメリット・成功のポイント・今こそやった方が理由を実演販売士が解説します

SNSの発信を初めておく

昔は起業や副業というとハードルが高く感じましたが現代はSNSで無料で自分の考えを発信でき自社製品・サービスの告知を行うことができます。
Twitter・Instagram・YouTubeなど情報発信は無料で行うことができる時代です。自分の棚卸・他社視点によって自分の強み・コンテンツが明確になるとSNSの発信も行いやすくなります。SNSは仕組み的にも継続が大切なので始めるのも早いに越したことはありません。
どの媒体を初めておくべきかはあなたが始めるビジネスの性質にもより変わりますSNSはあくまでも手段です。目的に合致するに最適なプラットフォームを選びましょう。ちなみに僕は起業前にブログから書き始めていました。基本BtoBビジネスのためSEOの強化が必須だったからです。その後会社を立ち上げホームページにブログをリンクしたところ競合他社よりも検索が上位に上がり受注につながりました。

ただ、SNSを活用しよう!といってもランチの写真を載せたり、自分の考えを垂れ流すような発信形態で続けてもフォロワーは伸びずマネタイズもできないでしょう。SNS発信の参考記事を参照し取り組んでみてください。

【参考記事【インスタ・YouTube・TikTok・Twitter】SNSを活用する際のポイント 基本編【実演販売士が取り組むSNS戦略】】
【参考記事】Instagramでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】

営業や交渉術・SNS活用について学ぶ

今回副業・起業について解説していきました。
実際に販売や営業に活かせるテクニック・SNS活用を体系的に学びたい方は、6月1日に全国書店で発売となる僕の著書「SNS時代を勝ち抜く!45秒でファンにさせる話し方」(合同出版)を参考にしていただければと思います!

すでにAmazonでも予約が始まっており、主にビジネスパーソン書いた本です。
(僕の強みであるSNS活用などにも触れています。)

お問い合わせ・相談

今回は副業・起業について記事をまとめました。

最近では企業様から実演販売の代行のみならず営業研修のお問い合わせも多くなっております。
オンラインでの販売促進・営業お悩みの企業様は是非弊社までご連絡くださいませ。

お問い合わせは完全に無料です。

実演販売士の株式会社Aves

質問やお問い合わせはLINE公式からお気軽に!

▼友達追加▼
友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます。
少しでもお役に立てたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です