ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

実演販売の勉強と稽古

実演販売のコツを掴む上ででかなり重要なこと…

あくまでも僕の考えですが、

1に勉強

2に稽古

3に実践

だと思っています。

これは営業の勉強をするときも同じだと思います。

まずはとにかく勉強ですね。

これは自分自身のモチベーションとか自信にも繋がります。

『これだけ勉強したんだから大丈夫』って自分自身に言い聞かせられるくらい勉強することが大切です。

勉強することもたくさんありますね。

①まずは扱う商品の知識面。

徹底的に調べていきます。

最近は『マインドマップ』みたいな図を使って知識を体系化していたりします。

A4くらいの白紙を用意して、商品の名前を真ん中に書いて囲んで、ネットとかメーカー様から頂いた資料を参考に線で繋げて特徴を書き込んでいきます。

まぁネットの情報って間違っているものとかもあるんで注意は必要ですが、口コミサイトとかも参照するとかなりの情報量になります。

それを今度はカテゴリー毎に色分けします。

これをやると知識が体系化されて非常に頭に入りやすくなります。

最後に同じような他社製品との差別化。

これ重要ですよね。

今の時代、同じような商品ってたくさんあります。

『なぜこの商品をお勧めするのか』

『なぜこの商品がお客様の生活の向上に繋がるのか』

これがハッキリしているとクロージングも自ずと出てくるようになります。

②他に勉強することとしては、実演販売をやっている人の動画を研究するって事ですね。

動画サイトとかで、『実演販売』とか『実演販売 コツ』とか『実演販売 有名』って打つとたくさん動画が上がっています。

みなさんどういう雰囲気でしゃべっているのか、どういう言葉のチョイスをしているのか、その辺をよくみながら動画を再生するとかなり勉強になります。

③台本起こし

からあまりやらない人も多いんですが、先輩販売士や動画で実演販売士がしゃべっていることを一言一句書き写す作業です。

結構手間がかかりますが、先輩方が話している内容って10年なり20年なり培ってきた経験の中で淘汰選択された言葉でできてます。

一言一句書き起こすことでなぜその話をしているのかという理由まで考えるとかなり勉強になります。

 

次回記事では

2 稽古

について書いていきます。

 

実演販売の株式会社Aves

↓ホームページ↓

https://www.to-aves.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です