ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

実演販売士になるには?資格は必要?【テレビ通販でも注目職業の実演販売士】

スーパーや百貨店で商品を並べて通りかかったお客様に商品を紹介していたり、テレビ通販などで商品紹介をしているエプロン姿の人を見たことがある方も多いのではないでしょうか?
口上一つで商品を販売していく姿を見て、「あんな職業についてみたい」「どうやってなるんだろう?」と思ったことがある方も多いはず。

そのように店頭やテレビで商品を販売する職業の人を「実演販売士」と言います。

実演販売士になるのはどうしたらいいのか、資格が必要なのかについて調査しました。

実演販売士になるには?資格は必要?

そもそも実演販売士って何をする人なの?

冒頭に述べたように商品の紹介を行い販売する職業が実演販売士です。

たとえば家電売り場で家電の紹介をしている人を見たことがありませんか?
エプロンを着ていたり家電量販店のユニフォームを着ていたりと衣装は様々ですが、そうやって店頭で商品を紹介する人を指します。
他にもスーパーや百貨店での包丁の販売などもイメージしやすいですね。
実演販売士の特徴としてはただ商品を紹介するだけでなく、その商品の実演を交えてより効果的に商品を販売していくことにあります。

一般のメーカー販売員様やマネキンさんと比べ、集客力があるのが特徴で、実演販売士の周りには人・人・人…

包丁や家電を紹介する際も商品特徴をしっかりと押さえ、お客様が興味を持つように実演を始めます。
もちろん人だかりを作るだけではなく巧みな話術を用いて商品の販売まで持っていくます。
実演販売士は集客と販売のプロフェッショナルであると言えますね。

また最近ではテレビ通販・バラエティ番組でも活躍の場が広がり、web上でも実演販売のチェンネルがありますね!
タレントのように人気が出る実演販売士もおり、これまでにも増して実演販売士の認知度や人気が高まっています。
実演販売士の業界自体の人口も増えており、より実力や仕事に対するマインドの高さが求められるようになってきています。

実演販売士には資格が必要なの?


結論から言うと、実演販売士の仕事を行うのに資格は必要ありません。
しかし、実績や知名度のない全くの素人が仕事を継続的に受注し、実演販売士として本業で食べていくにのは難しいです。

最近では知名度も上がり、各業界から実演販売士の引き合いが多くなっております。
掃除用品・調理用品・家電はもちろんのこと、日用品・化粧品・電子機器(半導体)、自動車に至るまで多種多様な企業さまからお問い合わせが来ている状態です。

また実演販売士の業界人口自体も増えているため実演販売士同士の競争も熾烈です。
そんな中で結果を出していくためには、実演販売士を仕事として捉えスキルやマインドをしっかり学ぶことが必要です。

実演販売士の養成講座を受講し、実演販売士としての販売スキル・表現力スキル・プレゼンテーションスキル・コミュニケーションスキル・コンプライアンスなどのリーガルマインドなどをしっかり学ぶ必要があります。また机上の知識だけでなく店頭・テレビ通販・動画出演で成果を上げるためには先輩実演販売士から実技の指導を受け、現場を見学することで学び、実際に自分で店頭に立ち続けスキルを身につけていく必要があります。

資格は必要ありませんが、どんな環境でも成果を上げることができるスキル・経験・知識が求められる職種です。
弊社では一般の方が実演販売士として仕事に臨める実演販売士養成講座も開設しています。

実演販売士の収入(ギャラ)はどれくらい?


気になる実演販売士の収入(ギャラ)ですが、案件や所属する会社により異なります。弊社では基本は日当制のお仕事が多いです。しかし、ある会社では商品のプロデュースを行いその商品を実演販売士自身が仕入れ販売を行う歩合制のところもあります。実演販売士の採用申し込みをする前に実演販売会社に直接確認を行う方がいいでしょう。

弊社の場合は日当制の案件が多く、喋り一つで行う仕事ですが、実績や経験によっても案件単価は異なります。案件によっては高額な単価のものもあり実力をしっかりつければ十分に稼ぐことができる仕事と言えます。弊社のモデルケースを2例掲載しますので参考にしてみてください

◆2年目Aさんの場合

イベント実演販売:17000円×8日

8日間で136000円(交通費など別途支給)

◆8年目Bさんの場合

イベント実演販売:30000円×8日、展示会実演プレゼン:35000円×4日、web動画出演:125000円×1日、企業営業用動画出演: 80000円×1日、プレゼンテーション講師:22000円×4日

18日間で673000円(交通費など別途支給)

これから実演販売士を目指しても大丈夫?


テレビ通販や店頭で実演販売士をみて「自分でもやってみたい!」と思う人は多いでしょう。しかし、「今から始めて大丈夫だろうか?」「自分にできるだろうか?」と不安に感じる人も多いと思います。

実演販売士のニーズは非常に高まっています。最近ではテレビ通販だけでなくバラエティ番組やドラマの題材として実演販売士が取り上げられる機会も増えました。コロナの影響で一時実演販売のお仕事は減少しましたが、現在徐々にではありますが店頭・展示会ともに回復してきています。また、対面を避けたリモート販売や動画出演・動画制作の依頼は多くなっており、ウィズコロナに合わせた販売形態へと進化を遂げています。

はじめは実演販売士を養成する研修のある企業に所属し実演販売士に必要なスキルや知識を身につけましょう。下積み始めの時期は思うように収入が上がらないこともありますが、努力や経験やる気が反映されやすい仕事ですので、徐々に実力がついていきます。
また店頭でしっかりとスキル・経験が身につけば、展示会MCやテレビ通販出演など段々と単価の高い案件の話も入ってきます。そうした案件を定期的に受注することができれば収入も上がります。

実演販売事業で今年上場した企業もありました。これからも活躍の場が広がる職業と言えます!

実演販売士の働き方とは?1週間・1日のスケジュールを紹介

実演販売士の働き方をイメージしてもらうために、実演販売士の1週間と1日のスケジュールを紹介します!

◆一週間の流れ
月曜日: 会社で商品販売に関する打ち合わせ・商品研究
火曜日: web動画出演の撮影
水曜日: 休み
木曜日: 展示会での実演プレゼンテーション
金曜日: 展示会での実演プレゼンテーション
土曜日: 化粧品店頭実演イベント
日曜日: 化粧品店頭実演イベント

◆1日の流れ
8:00 起床
現場へ移動
9:30 入店・準備
10:00 実演販売開始
12:00〜13:00 お昼休憩
13:00 実演販売再開
16:00〜16:30 午後休憩
16:30 実演販売再開
18:00〜 実演販売終了・帰宅

どんな人が実演販売士になれるのか?


実演販売士に向いているのは
✔︎コミュニケーションを取るのが好きな人
✔︎人前に立つのが好きな人
✔︎自助努力ができる人
✔︎自己管理能力が高い人
だと言えます。

実演販売士は基本的に店舗様・お客様とコミュニケーションをとりながら仕事を進めます。そのため、話すのが得意な人や営業職経験者、芸人・俳優など芸能志望の方などが向いています。

また実演販売士は基本的に一人で行っていく側面もあります。会社でデスクワークをするわけではありませんし、人と一緒に入店することは稀です。極端な話、8時間誰にもみられないため自己コントロールは非常に大切です。もちろん8時間サボってしまていればそれに伴って実績は落ちますので次回以降のお仕事には結びつきませんし、自己成長もありません。自己管理能力の高さは必要です。

また、実演販売士として成功していくためには自助努力も必要です。話が上手い人は雑学に明るかったり、心理学やトーク術始めさまざまなスキルを身につけていますね。もちろん研修・講座を通して実演販売士としての基礎的な知識・スキルは身につきますが、そこで満足せず自らスキルアップしていく姿勢が重要です。

実演販売士にもさまざまなタイプがあり、自分の型を見つけ磨いていくための自己意識の高さが必要です。テレビなどにも出演し、上場を果たした企業もある実演販売士業界。将来性のある業界で勝ち抜いていくためには確かな目的意識と行動が必要です。

実演販売士カラフル白木さんに聞く!実演販売士にとって大切なことと向いている人


人気実演販売士「カラフル白木」さんに、実演販売士にとって大切なことと向いている人をお伺いします。

インタビュアー(以下、私)「カラフル白木さん、よろしくお願いします」

カラフル白木「よろしくお願いします」

「最近、テレビなどでも実演販売士をよく見ますね!露出も増え人気の職業ですが、カラフルさんはなぜ実演販売士を目指したのですか?」

カラフル白木「中学生の時に人前で何かやってと言われた時、とっさにテレビで見たことのある実演販売士の真似をしてみたんです。その時にえらく友達に受けて、みんなから実演販売士を目指したら?と言われ僕の夢は実演販売士になりました。その後も夢を追い続け大学在学中に実演販売士の仕事を始め、今に至ります。

「カラフル白木さんは最年少で名古屋支社長に抜擢され、現在は採用面接や後進指導も行っているんですよね?ズバリ実演販売士にとって大切なこととはなんでしょう?」

カラフル白木「んー。大切な事は色々ありますが、一番大切なのはやりがいを持つ事ですかね?」

「やりがいを持つ。詳しく聞かせてください」

カラフル白木僕達実演販売士の仕事って基本的には一人で店舗に入店して一人で実演販売を行います。監視する上司などもいないため、自分一人で販売をしていくことが多いんです。もちろん展示会の案件ではメーカーの方と一緒に作り上げたり、テレビなどメディアの場合はスタッフさんもいるのでいつも孤独ってわけじゃないですが(笑)」

「なるほど、誰も見ていないから自分がしっかりしないと…ってことですね」

カラフル白木「はい。特にはじめのうちに取り組む店頭の実演販売は自分との戦いなんですよね。力を抜こうと思えば抜けてしまう環境です。特に実演販売を始めたばかりの時はなかなか客様にお求めいただけず思うように結果に繋がらなかったりとしんどい場面も出てきます。しかし、力を抜いたり気を緩めると容赦無く結果に反映されます。なので、自分一人でも仕事を真摯に全力で取り組むためにやりがいが大切になります。」

「ありがとうございます。では実演販売士に向いている人はどんな人でしょうか?」

カラフル白木やる気と目的意識のある人ですね。所属する前のスキルや経験は大きく関係しないと感じています。実演販売士として働いたことがある人はごくごく稀で、皆初心者の状態から始めます。特に実演販売の場合喋りひとつ・身一つで始めることができ初期投資もいらないのでみんなが同じスタートラインなんですよ。その中で重要なのは先輩実演販売士のアドバイスをきちんと聞ける素直さややる気が大切になってきます。やる気のない人にどれだけスキルや知識を伝えても身にならないので…やる気と目的意識がある人が実演販売士に向いていると思います。」

「なるほど…スキルや知識は後からでもつけることができますが、やる気や目的意識はもともとないといけませんね!では最後にこの記事を読んでいる未来の実演販売士達に一言お願いします」

カラフル白木実演販売士の業界は完全に実力社会です。こに年齢や業界歴、性別は関係ありませんし、どんな方にも門が開かれ・可能性があります。この記事を読んでいる皆さんの中で実演販売士をやってみたいって人がいましたら、是非チャレンジしてみてください!きっとワクワクする新しい世界が待っています。一緒に頑張りましょう!」


★カラフル白木 プロフィール★
若きニューホープ。
大学在学中から実演販売の門を叩く。
中学生の時から実演販売に憧れ、晴れて実演販売士となる。
真面目さと、斜め上をいく紹介トークを武器に、各メーカーから指名の呼び声が高い。

実演販売を通して、一人でも多くのお客様を笑顔にしたい
その一心で、実演販売に取り組み、お客様からも店舗様からも高評価。
商品情報を伝えるだけでなく、エンターテイメント性を持たせる販売手法に定評がある。
代表御子神の無茶ぶりに応えながら、日々成長を続ける実演販売士。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です