ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

スマホ・携帯電話・ネットなど通信企業さまの実演販売!実演販売士を活用したコロナ時代の販売促進

今回はスマホ・携帯電話・ネットなどの通信企業様の実演販売について書いていきます。

実演販売というと、家電や掃除用品など実物のある”モノ”を紹介しているイメージがあるかもしれません。
しかし、形ないサービスの紹介も行っており、通信企業様の案件もこれに当たります。

今回はスマホ・携帯電話・ネットなど通信企業様の実演販売士を活用した場合のポイントとコロナ時代の実演販売士を活用した紹介施策について記事を書いていきます。

スマホ・携帯電話・ネットなどの紹介での実演販売士の活用

“集客力”と”プレゼンテーション力”を活かした施策展開


スマホでの実演販売士の活用というとイメージがつきにくいかもしれませんが、イメージとしては”盛り上げ師”というイメージです。

店頭ではビンゴ大会やガラポン大会と併用して施策が組まれることが多いです。
ビンゴ大会やガラポン大会など集客力のある施策で集客を行い、その途中でスマホやネットの紹介を行います。

最近量販店を見ていると携帯会社の社員様がこちらの施策を実施している場合を多く見かけます
実演販売士を活用した場合、まず集客面に大きく差が出ます。
日頃から店頭で実演販売を行っている実演販売士は集客の際の引き出しが多く、店舗環境に関わらずお客様を集客することが可能です。

例えば、その企業が社員様がメインで施策を行った場合、お客様にお集まりいただけないと焦って声を張り上げ集客しようとしてしまいますが、これではお客様が離れていってします。

頑張って声を張り上げれば張上げるほど必死が伝わってしまい、「無理やり紹介されるのではないか?」という感覚が芽生えてしまいますね。
頑張ることは大切ですが、それによってお客様が離れてしまっては意味がありません。
実演販売士は店舗の環境を判断して最適なテンション・店舗・声掛けで集客を行なっていきます。

また商品紹介でも差が出ます。
一般の人が商品紹介を行うと情報量が多すぎる場合が多いのです。
あの機能を紹介しよう!こういう人にはあの機能はオススメだし、お子さん向けのあの機能も伝えなきゃ!と。。。
情報量は適切にしなければお客様が飽きてしまいますし、何より記憶に残りません。

この辺の内容はYouTubeでもまとめていますのでご興味のある方はご覧ください。

通信系の企業様の実演販売士の活用のポイントは”集客力“と”プレゼンテーション力“。
ここを活用して施策展開を行います。

しかし、コロナの影響で集客すること自体がNGの現在、これまでと同様の販売促進企画は撮ることができません。

スマホ・携帯電話・ネットなど通信案件の実演販売士の活用① -店頭VPなどの動画制作-


ウィズコロナで需要が高まっているのが、店頭VPをはじめとした動画制作です。

店頭VPは店頭に置いてあるモニターで商品を紹介するというものですね。
携帯電話ショップなどにも置くスペースがあるためそこに実演販売士を活用した動画を流すことで認知を広げることができます。

実際に長年店舗で実演販売を積み重ねてきたからこそ効果的な商品紹介を行う動画の制作が可能です。

スマホ・携帯電話・ネットなど通信案件の実演販売士の活用② -ライブコマース企画-


一番店頭の実演販売に近くスキルが活かせる施策ですね。

店頭にモニターを設置し、別会場で実演販売士が実演することでソーシャルディスタンスを保ちながら商品の紹介を行うことが可能です。

また、ライブコマースという属性上、これまで不可能だった人気実演販売士による”複数店舗同時実演開催”を行うことができ、より費用対効果の高い施策を実施することが可能です。

お問い合わせはお気軽にホームページまで!

今回はスマホ・携帯電話・ネットなど通信案件の実演販売士の活用について記事を書きました。

スマホ・携帯電話・ネットなど通信案件の販売促進企画戦略でお悩みの企業様是非弊社までお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは完全に無料です!

質問やお問い合わせはLINE公式からお気軽に!
▼友達追加▼
友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます。
少しでもお役に立てたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です