ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

Instagramでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】

インスタでフォロワーを伸ばすにはどうしたらいいんだろう?

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は現在フォロワーが8400人ほどです。
1000人までフォロワーが増やせない…
3000人までいったが伸び悩んでいる…
という方は是非読んで見てください。

Instagramでフォロワーを増やす方法

Instagramの特性


日頃から活用している人も多いInstagram。先ずは基本情報や特徴をまとめます。

1. アクティブ率が高い

Instagramは日本では現在月間アクティブユーザー3300万人
「インスタ映え」という言葉が流行しましたが、基本は写真投稿を行いビジュアルに訴えて写真をシェアしていくSNSプラットフォームです。

特筆すべきはアクティブ率の高さで月間アクティブ率は84.7%となっています。
「SNSアプリは入れたけどあんまり使っていない」という人も多いですよね。アクティブ率とはアプリを入れただけでなく実際に使っている人の割合なので、インスタは日々の生活に溶け込んでいるSNSとも言えます。実際にFacebookの月間アクティブ率は56.1%。Facebookは半分くらいのアクティブ率なのに対し、インスタは85%もの人が活用しています。

MAU/DLとは、アプリをダウンロードしたユーザーが実際にどの程度利用しているのかというアクティブさを測る指標のこと。 MAU(月間アクティブユーザー数)をダウンロード数(DL数)で割って算出される。 またアプリの運用が長期間になれば大きくなりやすい。

2. 高い接触効果

Instagramでは高い接触効果が期待できます。
ストーリー機能を使っている方も多いのではないでしょうか。作成した投稿が24時間で消える機能ですね。このストーリー機能では単純接触効果が期待できます。毎日のように同じ人の投稿を見ることで好意を抱きやすくなり、ファン作りやすい機能と言えます。

単純接触効果とは、ある特定の対象にたくさん接すると、接触頻度が多く単に親しみがあるというだけで、その対象に対する好意的な態度が形成される現象のことです。

3. ビジネスにも活用しやすい


インスタはビジネスに活用しやすい仕様と言えます。
ショップ機能があり紹介した商品をプラットフォーム内で直接購入することもできます。

また情報発信ツールとしても使うことができます。僕の場合はこの使い方をしています。画像を文字で作成し、興味がある人が投稿内容を確認しフォローしてくれます。画像はブログでいうとタイトルのようなイメージですね。ビジネスの情報を発信していくことで次の投稿も見たいというファンが増えます。

Instagramアカウント-御子神

導線の設計の仕方によりますが、フォロワーを増やしやすく単純接触効果によりファンかもしやすい仕様なので、ビジネス活用しやすいプラットフォームと言えますね!

Instagramで伸びない人の特徴


さてInstagramはビジネスにおいて強い武器になりうることをこれまで書いてきました。
最近僕の元に「ビジネスのためにインスタを使い始めたけど思うようにフォロワーが増えない…」という相談が多く寄せられます。

こういった方のアカウントを見ると共通しているのが…
✔︎自分の思うままに投稿してしまっている
✔︎投稿に統一感がない
✔︎投稿が不定期で更新が止まったりしてしまう
という3点です。

1. 投稿が自分本位

SNS活用というと「自分の考えを発信してファンができて思うがままに生きながらインフルエンサーとして仕事ができる」とある種、幻想を抱いている人が多いのですが、そんなことはありません。
初めから認知度のある芸能人が始めるならまだしも、僕たちのような一般人が影響力をつけていくためには他人が求める情報を発信することが必要不可欠です。マーケティング能力とも言えるかもしれません。「勉強になる!」と思った人をフォローしたくなりますよね。まずは自分の投稿をどんな人が見るのかをじっくり考え、その見てくれる人が欲しい情報を発信していく必要があります。

2. 統一感がない

投稿に統一感がないのもインスタ活用では致命的です。
よくも悪くもビジュアルに訴える作用が強いのがInstagramです。プロフィールに飛んだ時のぱっと見の統一感も非常に大切です。
✔︎写真投稿であれば同じような系統の写真で投稿していく
✔︎文字投稿であれば形式を整え投稿順序も統一し一体感を出す
という点を意識してください。

3. 投稿が不定期

テレビ番組が毎週同じ時間に放送されるように自分の投稿もある程度時間や曜日を決めて定期的に投稿していくことが大切です。
もちろん毎日投稿していくことが一番いいですが、慣れないうちは週2回など自分ルールを作って定期的に投稿していうことをお勧めします。

Instagramはフォロワーを伸ばしやすい

Instagramは他のSNSに比べて手間をかけずに伸ばしやすい傾向にあります。
その理由を紹介していきます。

1. フォローのハードルが低い

これからSNSを使っていこうと思っている人に僕がまずお勧めしたいのはInstagramの活用です。
様々なSNSを使ってきましたが、Instagramはフォローのハードルが非常に低くフォロワーを増やしやすいです。また自分のやっていることが可視化されやすいため継続しやすいです。

例えばこのブログもそうですが、ブログはフォロワーという概念すらないため、自分の作業成果がなかなか可視化されにくいんですよね。根気強く続けることができライティング能力も高いのであれば非常に有効な手段となりますが、特に現代ではブログから始めると挫折する可能性が高いと感じます。

またInstagramはプラットフォームのアルゴリズム+ハッシュタグ流入があるため、自分の投稿が拡散されやすいというメリットもあります。

拡散性だけで言えばTwitterが爆発力がありますが、こちらはフォロワーを増やすのにかなり時間がかかります。アルゴリズム的にリプライが多いとインプレッションが増えやすくリツートされることで爆発的に投稿が伸びます。ただし、フォロワー1000人以下の状態ではリプライ・リツイートともにしてもらえる可能性がかなり低く、インフルエンサーにリプライを送ったり、同じような投稿をしている人にいいねをつけていったりと初めのうち細かい作業が必要にないります。

YouTube・TikTokなども編集など時間がかかりますし、最近は動画コンテンツに注力する人も増えたためあふれている動画コンテンツの中で目立つのは容易ではありません。

もちろん全てのプラットフォームで投稿を継続していくのが一番いいのは間違い無いのですが、初心者が手始めに活用を考えたときにInstagramはそこまで手間がかからずに伸ばしやすいため、これから取り組もうとする人には初めに勧めたいSNSです。

2.検索のオススメ機能

インスタで🔍マークの検索画面に移ると勝手にお勧めの投稿が表示されますね。これもインスタ内のアルゴリズムによる自動表示ですが「自分がよく見ている投稿に近いもの」が表示されます。

これは一人一人異なり、例えば僕の場合は…

こんな感じで文字系の投稿が多く表示されます。これは僕が同じような投稿を見ているため表示されます。
ちなみに男性の友人は「水着のお姉ちゃんばかり出てくる」と言っていました。普段から水着の美女ばかり検索しているのでしょうね(笑)

ここに乗りやすい投稿の特徴として
✔︎コメント数が多い
✔︎いいね数が多い
ことが挙げられます。
すなわちリアクションが多い投稿が表示されやすくなります。自分で投稿する際もこのレコメンドに乗れるとインプレッションが増えやすため、見ている人が反応しやすい写真や文字表現を意識しましょう。
(美男美女は有利ですね笑)

3. 鍵は”ハッシュタグ攻略”

インスタ活用の最大のコツはハッシュダグ攻略です。
現在Googleやヤフーといった検索エンジンではなくInstagramで情報検索する人も増えています。自分の投稿にハッシュタグをつけないと検索流入が起きるはずがありません。検索流入を促すため、ハッシュタグは必ずつけるようにしてください。

ただし、このハッシュタグを適当につけてもインプレッションは増えません。戦略的につけていく必要があります。
一例ですが、僕のハッシュタグは便宜上3つの種類をバランスよく入れています。

ビックタグ…検索ボリューム100万以上のタグ
ミドルタグ…検索ボリューム1万位上〜100万未満のタグ
スモールタグ…検索ボリューム1万未満のタグ

検索ボリュームとは🔍マークで検索の時に出てくる投稿数のことです。
一見投稿数の多いものの方が見られやすいのでは?と考えがちですが、他の投稿に埋もれてしまう可能性が高いためビックタグのみではインプレッションは増えません。逆にスモールタグでは検索数が少なすぎてこちらもインプレッション増加に繋がりにくいんですよね。
よって3種類のタグをビック3:ミドル5:スモール2の割合で組み合わせると効果的に検索流入を増やすことができます。
自分の投稿の分野にあったハッシュタグを選定しましょう!(相談したい方はLINE公式からお問い合わせください)

インスタ運用で差をつけるポイント


他の人がなかなか取り組めていない、差をつけるポイントをまとめます。

1. 他者視点でプロフィールを作成

投稿を見にきた人がフォローするかどうかを判断する大きな要素としてプロフィールが挙げられます。
投稿は面白いけどどんな人かわからない状態ですので、プロフィールをしっかり読むことでどんな情報が得られるのか、今後どんな投稿が期待できるのかを判断します。
プロフィールも自分よがりになってしまうとフォローに繋がりません。プロフィールに入れる要素として…
✔︎過去の実績(数字的な裏付けがあるものやメディア出演など)
✔︎投稿している内容
✔︎将来のビジョン
これをしっかりと書くことでフォローされやすいアカウントになります。
またインスタはプロフィール欄が短いため、自己紹介のストーリーをハイライトにまとめてハイライトでもプロフィールを確認できるようにしておくことも大切です。

2. 注目機能”リール”


昨年実装されたばかりの仕様です。
一言で言うとインスタ版TikTokといったイメージでしょうか。30秒以内の動画を投稿することができます。拡散されやすいアルゴリズムのようで、僕も10万再生以上の動画が多く、一番再生されたものでは127万再生を記録しました。

こちらもTikTokと同じでいいねやコメントが多いと拡散される仕組みのようです。見ているのが若年層が多いため、なるべく身近で役立つ情報を発信すると拡散されやすくなります。

3. IGTVで”顧客教育”


IGTVはインスタ版YouTubeのようなイメージですね。1分〜60分の長尺動画を上げることができる機能です。Instagramは一つのプラットフォームでブログ的機能・TikTok的機能・YouTube的機能・ショップ機能とリーチ→教育→購入のステップが一つのプラットフォームで完結します。

IGTVは拡散性は低くそこまでの再生数は出せません。リールのようなライトな内容ではなくより学びのある深い内容を投稿し、顧客教育を行うことを意識しましょう。

SNS活用での新常識を解説した本

今回はInstagram活用のポイントを記事にまとめました。
いずれも基本的な内容ですが、ここに書いてある内容を継続して行うことでフォロワー8400人まで伸びる事は私自身が身をもって実証済みです。

Instagramはハードルも低く取り組みやすいプラットフォームのため、是非取り組んで見てくださいね!

今回動画の構成方法やInstagram以外のSNSについては割愛しています。次回以降の記事にまとめたいと思っていますが、体系的に学びたい方は、6月1日に全国書店で発売となる僕の著書「SNS時代を勝ち抜く!45秒でファンにさせる話し方」(合同出版)を参考にしていただければと思います!

すでにAmazonでも予約が始まっており、SNS活用の新常識を解説しています。
(もちろん僕の元々の強みである営業や販売などリアルでも活かせる話し方のコツもまとまています)

お問い合わせ・相談

今回はInstagramの活用について記事をまとめました。

Instagram活用は最近では企業様からのお問い合わせも多くなっております。
集客導線設計・販売促進・営業お悩みの企業様は是非弊社までご連絡くださいませ。

お問い合わせは完全に無料です。

実演販売士の株式会社Aves

質問やお問い合わせはLINE公式からお気軽に!
(※個人の方のインスタ活用無料相談も受け付けています)
▼友達追加▼
友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます。
少しでもお役に立てたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です